So-net無料ブログ作成
ジュニア卓球の練習法 ブログトップ

卓球・13歳の張本智和選手がメダリストに勝利 [ジュニア卓球の練習法]






■普通はありえない13歳の勝利




ジュニア卓球と聞くと真っ先に思い浮かぶ人物が
張本智和選手(現13歳)ではないでしょうか。


ジュニア選手と言いましても、
社会人選手を相手にしたり、
なにより史上最年少で
日本代表に選ばれたくらいです。



特に注目を浴びてるのが、張本選手が、
リオ五輪銅メダルの水谷隼選手(27歳)
に勝ったことです。



普通に考えるなら、13歳という若さで
メダリストに勝てるものかということ。

年齢はともかく、彼は世界ジュニアの
最年少優勝記録を作った選手で
あることに変わりはないのです。


ご両親が元プロの卓球選手で
最も身近にいる素晴らしいコーチとはいえ
彼の実力は本物です。

また彼の得意技として


・逆回転サーブ
・チキータ



という、一般の卓球スクールでは
教わることがない技術を持っています。

元プロの卓球選手であるお父上から
教わったかどうか定かではありませんが
武器があるというのは良い事です。


●我が子にも参考にさせたいけど



tabletennis.png



アナタはそんな張本選手の活躍を知り
自身のお子さんにも参考になるようにと
お考えになられたかもしれません。

参考にすることは良い事です。


ただ、全員が全員、彼の様に
凄腕の選手になるかと言うと、いいえ。

残念ですが個人差は必ずあり、
中には途中で卓球嫌いになる子もいます。


そうなってしまうのは、卓球が上達せず、
試合にも負け、その悔しさが原因です。

本来、楽しそうと思って始めた卓球を
嫌いになるのは悲しいことです。


そうならないためにも、お子さんには
この球技の素晴らしさを理解して頂きたいですね。

では、どうすれば良いでしょうか。



それは
アナタのお子さんい合った
練習方法を実践することです




学校の卓球部でも、10人もの生徒に
全員に同じ練習メニューを実践させても
10人全員が上達できるかと言いますと、
そんなことはありません。


上手くなる子もいれば、そうでない子もいます。

だからこそ、お子さんが中々上達できない、
そういう時に一人一人に合った
練習方法が必要です。


その、アナタのお子さんが上達する
ジュニア卓球の練習法とは。





お子さんが上達する卓球の
テクニック練習法を知る

(当ブログのメイン記事へ)



nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

ジュニア卓球に特化したテクニック練習法 [ジュニア卓球の練習法]

tabletennis.png



「ウチの子が卓球で勝てない。泣」

アナタは今、そうお悩みではありませんか?


そんな、試合で負けてばかりだった
あるお子さんが初めて試合に勝利できた
ジュニア卓球の練習法とは?



アナタのお子さんが卓球の練習で
チャンスボールにもかかわらず
空振りやミスばかりするのでしたら。


強力なループドライブや
多彩な回転サーブなど
トップの選手が持つテクニックを
マスターさせましょう!



アナタが今すぐ知りたいのであれば、
一足先にコチラへどうぞ。



ジュニア卓球に特化した
練習法はコチラ







■思うように上達しない卓球



table-tennis-815714_640.jpg



アナタのお子さんが卓球をされていて、
今、壁にぶち当たってるかと思います。

特にテクニック・技術の点だけでも
下記のような悩みは必ずあるでしょう。



・ボールの回転数が足りない
 又は回転をかけられない

・球威がない

・フォアドライブが苦手

・サーブの見極め方が分からない

・スマッシュを打つとアウトになる

・ペンホルダーのバックハンドがダメ

・カットする時にシェイクハンドラケットの
 淵の部分に球が当たる




卓球の試合で勝てない時に思い悩むのは
上記のような理由ではないでしょうか?

もっと言えば、練習環境に
恵まれていないばかりに



・コーチの教え方が「?」と思う

・筋トレばかりの練習メニューにうんざり

・我が子は人一倍練習を
 積み重ねているのに勝てない

・他の子が遊び感覚で卓球をするから
 まるで練習にならない

・試合に勝つテクニックがわからない




人のせいにするのはなんですが、
今の顧問の先生が素人同然だったり
そもそも卓球をする場でなかったりと、
まともに練習できないでいませんか?


それでも何の心配もいりません。

卓球というのは他の球技と違い、
世界選手権で大活躍した13歳の
張本選手のように卓球はジュニアでも
シニア選手と互角に戦えます!




2682178140_61e1f2b16e_z.jpg


■今以上にテクニックの強化を



ですがそのためには、


・自由自在に回転をかける攻撃

・試合に勝つ正しいスタンスとフットワーク

・レシーブのミスを防ぐコツ

・ブロックなどの守り



といったテクニックを磨く必要があります。

これらの技術は、上級者の卓球選手に
共通して持っているものでもあります。


そのテクニックの強化を、これから
アナタのお子さんも行うのです。

大丈夫です、『才能』や『センス』など
全く必要としませんのでご安心ください。



table-tennis-bat-2937798_640.jpg


■試合に勝つ技術を我が子に



それでは、アナタのお子さんが
一流のジュニア選手に特化した
試合に勝つ技術と練習法をご紹介します。


その練習法を取り入れて繰り返し練習を
続けることで無理なく卓球のテクニックを
磨くことができるのです。

その練習内容ですが、一部ではありますが



・フォアのフリックが苦手を解決

・配球はコースを読まれないサーブ

・回転をかける練習方法

・返球不可能なサーブテクニック

・筋力不足でも打てるスピード系のサーブ

・絶対に打ち返させないループドライブ




などのジュニア選手に特化した
トレーニングメニューが含まれています。

子供目線の練習内容、
と言っても良いでしょう。




3504586418_27ca2fb4ff_z.jpg


■アナタの子が活躍することで



「子供が卓球に勝てない」

「チャンスでドライブをオーバーミスばかり」




とガッカリしないで、どうか
お子さんを信じてあげてください。

それが、アナタたち親の役目です。

そして、この練習法を実践することで
お子さんはどう活躍していくでしょうか。



・周りのジュニア選手より一歩前をいける

・相手がレシーブしにくくなる
 サーブが打てるようになる

・フォアフリックとバックフリックの
 ミスが減り点数を多く勝ち取る

・強力なループドライブで決め勝利を獲得

・周りの選手が足元にも及ばない
 バックループドライブをモノにできる




もちろんこれら以外にも素晴らしい
未来やメリットはあると思います。

ぜひ、ジュニア卓球に特化した練習法で、
現状を打破してトップ選手が持つ
テクニックを学んでみませんか?



ジュニア卓球に特化した
練習法はコチラ



20140929tabletennisjr.jpg





追伸:

今回、ジュニア卓球の上達法を
ご教授してくださる方は加藤雅也先生です。

神奈川県相模原市内の卓球場で
約10年間も指導員として小学生から
年配まで幅広く卓球指導をされてきました。

2014年に独立され、個人レッスンと
グループレッスンで主にジュニア世代の
選手を中心に指導をされてます。

生徒では全日本ジュニアナショナルチーム
メンバーエリートアカデミーの選手も
指導経験があります。

その加藤先生のトレーニング方法なら

「これなら勝てる!」

と実感できる考え方なので
安心できるのではないでしょうか。





nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ
ジュニア卓球の練習法 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。